1. HOME
  2. ACTIVITY
  3. ダフリやトップの原因は 残念なテイクバック位置にアリ
ACTIVITY

ダフリやトップの原因は
残念なテイクバック位置にアリ

ACTIVITY, GOLF

アマチュアに多いミスは、ボール手前の地面を打って飛距離をロスしてしまう「ダフリ」、フェースの下のほうでボールの上側を打って飛び過ぎてしまったり、低い球やゴロなどが出る「トップ」がある。
どんなゴルファーでも経験がある「よくあるミス」だけど、スイングコーチの関浩太郎によると「正しいテイクバック」、つまり「クラブの上げ方」で簡単に改善できるらしい!

「鏡の前で位置を確認すればわかりやすいですが、正しいテイクバックは右ワキから右肩に向かってシャフトを立ち上げるイメージです。クラブヘッドを寝かしすぎてしまうと、フェースがボールに当たるインパクトの瞬間にヘッドが上を向く「アッパーブロー」になります。これにより、いわゆる “しゃくり打ち”になってしまい、ダフリやトップが起こってしまうのです」(関)

「これがダメなテイクバックの例。ここまでクラブヘッドが寝てしまうと、しっかりとボールを捉えることはできません。鏡がなければ、自分が意識しているより、ちょっとシャフトを立てるイメージで打ってみてください。いい感じの打感、弾道に変わりますよ!」(関)


SEKI GOLF CLUB 目黒
http://www.seki-golfclub.com

過去の記事